ブログ

BLOG

恥ずかしい事は公開できる会社に


先日、ツイッターユーザーの方から、当社のプライバシーポリシーについてお問い合わせがありました。
当社のクッキーオプトアウトの記載が古く、わかりづらい、というものでした。
そこで確認するしてみると、ネット広告の事業者としては大変お恥ずかしながら、すでに撤退した事業について記載があったり、オプトアウトの箇所がわかりづらくなっていました。(漏洩などは一切ありません)
原因ははっきりしていて、情報セキュリティの最終責任者は私田中であります。プライバシーポリシーの更新の実行をする責任者が、CTOの役割なのか、経営管理部長の役割なのか、ウェブマスターなのか、広告事業の責任者なのかが、はっきりしていませんでした。
全員野球型の「誰かが拾う」マネジメントをベンチャーらしくしていましたが、全員でお見合いをしてしまいました。ベンチャー型のマネジメントはいいところが多いですが、社員数も250名となり、ここが限界であったのだと思います。
そこで社長としてやったのは、急遽タスクチームを組成し、即日でプライバシーポリシーを更新しました。更新が完了した後に、マネージャ陣にこんなメッセージを送りました。

こういった事象が起きた時に、「お前何やってんだよ!」と責めることは誰でもできます。
が、こういった事象が起きた時にこそ、改めて自分たちのやり方を真摯に反省し、改善したいと思います。
この事象をブログで公開するのも、私が率先して恥ずかしいことを先に言うことで、会社を良くしていきたいからです。
そこで、私の恥ずかしい話をしようと思います。
当社の社食は、一食500円で食べられます。(会社から300円の補助が出ます)その都度、スマホで課金するのです。でも、総務のHさんからこないだ、「ゆづるさん社食課金してませんよ、ちゃんと払ってください」と言われたんです。
その時は、「えー!!払ったと思っていたのに!」でした。私は、Fringeのマネジメントチームの中では、最も常識人な方だと思いますので、普段はちゃんと払っているんですよ。
一方で、その日を思い出してみると、めちゃくちゃバタバタしていまして、まさにかっこんで社食を食べたのでした。「後でやろう」と思って忘れる、典型的なダメな人です。
こういう、「悪気はなかったがうっかり忘れてしまうこと」ってあると思うんですよ。たちの悪い事に、指摘されるまで本人は悪いことをしたつもりもありません。一方、総務の人や、社食当番の人は、イライラしたり、嫌な気分になりますよね
これをなんとかしたいと思います。こういった負の連鎖を解決するには、どうしたらいいのでしょうか。
そうです。「恥ずかしいことがあったら公開する」です。
私は、12月11日、会社のお金を使って、タダ飯を食べた社長です!本当にすいませんでした!
(ちゃんとお金は後で払いました)
恥ずかしいことって、言い出せないと思うんですよ。我々はUniposをやっていますから、お互いの相互理解のための心理的ハードルを下げる努力は、それなりにやっています。
一方で、恥ずかしいことや、やらかしてしまったことって、かっこ悪いですからね。公開しにくいです。
でも、公開しようよ。心開いてみようよ。
そして、公開した人、心開いた人に対して、「あんた偉いよ!」という称賛を与えたいな。(私の社食事件はは称賛しなくていいです)
社員も、250人になってくると、ゴミ捨てが荒くなってしまったり、分別されてなかったり、といったことが起こります。冷蔵庫の中身も、賞味期限が過ぎてしまっているものがあったり、します。
もちろん、そういった事に対して、「よくない!」と声をあげてくれる人は素晴らしいと思います。ですが、「意図せず恥ずかしいことをしてしまった」というケースも、多くあると思うのです。たまたま、忙しかった、もしくは、たまたま、最近会社に入ったばかりで、なれていなかった、とかね。
なので、そういった「恥ずかしい事」が起きたら、「率先して発見し」つつ、「それゴメン俺・私がやらかしちゃった!テヘ!」って公開して、言いませんか。そして、その公開しれくれた勇気に対し、大いに称賛しようじゃありませんか。
そういう、良いことも、嫌なことも、称賛する、称賛文化のある会社に、改めてしていこうと思いました。


採用情報

Uniposを通じた
感情報酬の社会実装を共に進めてくださる方からのご応募をお待ちしております。

お問い合わせ

Unipos株式会社に対する各種お問い合わせはこちらの窓口より承っております。
製品に対するお問い合わせは製品サイトをご覧ください。