ブログ

BLOG

アドエクスチェンジとアドネットワークどっちがいいの?


Advertising.com(通称アドコム)はAOL傘下の巨大なアドネットワークです。日本にも進出してますね。
米国のAdvertising.comでは、DSPとエクスチェンジを併せ持ったような、「ADDESK」を提供しています。
私のAOLのイメージは「ちょっとお固い」という勝手なイメージを持っていたのですが、Advertising.comさんのビデオがぶっ飛んでいて(失礼、内容は素晴らしいのです)面白いです。
中でも興味深いビデオは、トップページの一番下にある、「Networks vs. Exchanges.
というビデオ。(埋め込み不可なのでトップページからアクセスしてください。下の方にあります)
はい、今日本では、誰でもアドネットワークとアドエクスチェンジについて頭使っているところですよね。概要つかむには大変参考になります。特にエクスチェンジは広告主だけでは無いプレイヤーもビッドしますよ、というのは忘れがちなところ。
もちろんAdvertising.comは「アドネットワーク」ですので、ビデオの中に、『Adexchangeは売れ残りのアウトレットセール』とか、『どこに出るのがわからないのが欠点』などほんと辛辣。(僕が言ってるわけじゃないですよ!笑)
そんで最後はAdvertising.comは全て完璧です、となるので(そりゃそうだ)すが、このビデオは概要つかむには最高。
ちなみに他のビデオもぶっ飛んでおり、

 
 
この馬はなんなんでしょうね。このビーム。何かのパロディなのかな?でも、「こうやってビッドして買うんだなぁ、カテゴリいっぱいあるなぁ」というのはよくわかります。勉強になりました。


採用情報

Uniposを通じた
感情報酬の社会実装を共に進めてくださる方からのご応募をお待ちしております。

お問い合わせ

Unipos株式会社に対する各種お問い合わせはこちらの窓口より承っております。
製品に対するお問い合わせは製品サイトをご覧ください。